スポンサーリンク

【1日1つ減らすだけ】心を落ち着かせる方法 引き算で考える

暮らし

 

すぐ焦ったり緊張したり、心が落ち着かない。
色々リラックス法を試しても全然効果がないんだよね・・・。

 

世の中には様々なリラックス法があります。

試してみたけど効果が感じられなかった、余計イライラしてしまった、
という方もいるのではないでしょうか?

なぜリラックス法で効果が出ないのか?
今回はその理由と心を落ち着かせる方法を説明していきます。

 

スポンサーリンク

心を落ち着かせる方法 足し算ではなく引き算で考える

心を落ち着かせる方法

心が落ち着かない理由

私たちは毎日やらなくてはいけない事がたくさんあって大変ですよね。

思うように進まず焦ったり、失敗して落ち込んだり、先の事を心配して不安になったり・・・。

そんなネガティブな気持ちになるのは、あなたが「今よりもっと良くなりたい」という気持ちがあるから。

でもやはり日々落ち着いて前向きに、気分よく生きていきたいですよね。

 

様々なリラックス法

リラックス法 種類

巷には様々なリラックス法があります。

・呼吸法
・瞑想
・ヨガ
・アロマテラピー
・音楽
・食べ物
・相談する
・本を読む
・書き出す
・他の事を考える

などなど。

これらは実際すべて効果があります。
でも今のあなたには効果が出ないかもしれません

なぜ効果が出る人と出ない人がいるのでしょうか?

 

リラックス法の効果が出ない理由

効果が出ない人は逆効果になる事を無意識でたくさんやっているからです。

水がいっぱい入ったコップにいくら水を注いでもそれ以上水は入りません。
新しい水はあふれて流れ出てしまいます。

新しい水を入れるために、まず最初にコップの水を減らしていきましょう。

 

落ち着くために減らす事

心 落ち着く 方法

減らすべき行動を説明していきます。

悪いのはわかるけど今すぐやめるのは無理!と感じるのも自然な事なので、まずは気楽に読んでいって下さい。

 

お酒・たばこ

お酒を飲むとリラックスできる
たばこを吸うと頭がスッキリする

いう理由でやめられない方は多いでしょう。

でもその効果は「元気の前借り」です。元気が増えるわけではありません。
数時間後や翌日には元気が足りなくなって困るだけです。

しかもお酒もたばこも依存性と耐性があるので、摂れば摂るほどリバウンドで落ち込みが激しくなります。

健康被害も大きいので、し好品ではなくドラッグととらえた方がいいかもしれません。

すぐは無理としてもいずれはやめましょう。

 

コーヒー

私も大好きなコーヒーですが、飲みすぎはやはりよくありません。

カフェインが脳を興奮させますし、肝臓に負担がかかります。

眠気覚ましや頭がぼんやりする時に飲むと効果がありますが、飲みすぎると緊張感が増し動悸が早くなり、リラックスの障害になります。

飲むなら朝だけ、少なくとも15時以降はやめた方が無難です。

 

砂糖

疲れている時にスイーツを食べると心も体も癒されますね。

そんなスイーツですが、実はこれもクセ者です。

甘いものを食べると血糖値が一気に上がるので、体がバランスを取ろうとしてインスリンを放出して一気に血糖値を下げるのです。

低血糖になるとだるさやめまい、気分の落ち込みなどが現れます。

砂糖は料理にも使われる身近な調味料ですが摂りすぎると悪影響が大きいのですね。

 

夜更かし

夜になると元気が出てくる、という人もいますね。

夜勤の仕事ならその分昼間に睡眠をとれるので問題ないですが、睡眠時間を削っているならやめましょう。

脳は寝ている間も働いています。その働きとは、

・有害な毒素を排出する
・ダメージを修復する
・日中考えた事を整理してしかるべき場所に収める

わざわざ悩んだり努力しなくても、寝るだけで脳が勝手に解決してくれるんですよ。

「悩んだら寝ろ」というのは俗説ではなく真実だったんですね。

 

過剰な運動

ストレス解消やダイエット・健康目的の運動もやりすぎはよくありません。

アドレナリン、コルチゾールの出すぎ、交感神経の興奮などで血圧が上がりイライラしやすくなります。

どの程度の運動が適量かは個人差があります。
怒りっぽくなったり逆に無気力になっているように感じたら、自分が無理していないか振り返ってみると良いでしょう。

 

SNS

SNSでたくさんの人と交流したりインターネットで情報収集する事はとても前向きな行動です。

けれどハマりすぎると他人と自分を比較したりSNS上での評価を気にして、本来の自分らしさを損なう事にもなりかねません。

自分より評価の高い人、実績のある人は世の中にたくさんいます。
参考にするのは良いですが、自分を見失って落ち込む事のないようにしたいものです。

SNSはダラダラと見続けずに、時間を決めて短時間で情報収集・発信するようにしましょう。

 

結局どうすればいい?

リラックス 方法

上にあげた「やめた方がいい事」は「やめづらい事」でもあります。

一気にやめよう!
一切やめよう!

 

と思ってもおそらく続きません。

そこでおすすめは

「ひとつだけやめる、1日だけやめる」

という事です。

 

ひとつだけやめる、1日だけやめる

今日だけコーヒーを飲まない。

今日だけSNSを見ない。

 

そしてその1日がどうだったか振り返ってみて下さい。

禁断症状が出たましたか?
案外平気でしたか?

どちらにしても、無意識で繰り返していた行動がいったん途絶えた事に意味があります。

翌日逆戻りしても問題ありません。

ただ時々やめてみる。

そしてその時の自分の変化を観察してみて下さい。

自分が落ち着かなかったのは考え方や性格のせいではなかったという事がわかると思います。

良くない行動、生活習慣に脳が影響されていただけだという事に。

そしてそれに気づいたら少しづつ「良い事」を足し算していけば良いと思います。

 

まとめ

まずは引き算。

自分の中の余分なものを減らして自由になっていきましょう。

では今回はこのへんで。

 

タイトルとURLをコピーしました