スポンサーリンク

楽天モバイル「UN-LIMIT」実際の申し込みから初期設定まで紹介!

節約

 

楽天モバイルの「UN-LIMIT」って
データ無制限、月額料金1年間無料ってすごいな
でも申し込みや設定って大変なのかな・・・

 

そんな方に、楽天UN-LIMITを実際申し込んで設定した流れをお伝えします。
これを読めばそんなに難しくない事がわかってもらえると思います。
では説明していきますね。

 

スポンサーリンク

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」とは?

もうご存じの方も多いと思いますが、簡単に説明しますね。

Rakuten UN-LIMITは楽天モバイルが始めた新携帯サービスです。

今年から本格始動したため、現在破格のキャンペーンを行っているのですね。
そのキャンペーン内容がこちら ↓

楽天UN-LIMIT 無料

 

・300万名対象でプラン料金一年間無料
・楽天回線エリアならデータ使い放題
パートナーエリアでも一年間無料で月5ギガ(超過後1Mbps)使える
国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ利用)

 

しかも契約期間のしばりがないのでやめても契約解除料なしです。

楽天モバイルUN-LIMITの詳細はこちら

 

私が楽天UN-LIMITの申し込みを迷った理由

ただ、私は対象機種を持っていないので申し込みを迷いました。

使える機種が限られてるんですよね・・・。
また、iPhoneはサポート対象外なので自己責任での利用になります。

でも今のスマホももう2年近く使っているし、プラン料金1年無料とポイントプレゼントがあれば余裕で端末代が浮くから、そろそろ買い替えてもいいかな、と思い決断しました。

 

楽天UN-LIMITの詳しいキャンペーン内容はこちらの記事をどうぞ↓

楽天モバイル「UN-LIMIT」申し込みの流れ

申し込みに必要なもの

申し込み前に用意が必要なものは以下になります。

 

・本人確認書類(運転免許証など)
・クレジットカード(既に楽天会員でカード登録していれば不要)
・MNP予約番号(MNPする場合のみ)
MNP(今の電話番号を楽天に引き継いで継続して使う事)希望の方は事前に現在利用の携帯会社でMNP予約番号をもらう必要があります。
この予約番号には有効期限があり、期限が10日以上残っている必要があります。
ちょっとタイトなスケジュールですが、頑張って手配しましょう。
MNPは転出元で3000円位手数料がかかりますが、これも楽天のポイントプレゼントでカバーできるのが嬉しいですね。

ちなみに私は楽天の既に会員でMNPもしなかったので運転免許証のアップロードだけで完了しました。

楽天UN-LIMITで使える端末を選ぶ

今回は端末セットを申し込むので私は「先に製品を選ぶ」から開始しました。

 

楽天UN-LIMIT機種申し込み

 

端末は
AQUOS sense3 lite SH-RM12 ライトカッパー

を選択。

決め手は防水性と電池1週間持ち、4GBで手ごろな価格

AQUOS sense3 liteなら楽天ポイントが10000pt貰えます

 

AQUOS sense3 lite

 

端末購入の手続きの時に、楽天会員でない方は会員登録とクレジットカードの入力をします。

楽天「UN-LIMIT」のプランを選ぶ

端末の注文が完了したら、続けてプランの選択をしていきます。と言っても、プランは1種類しかないので迷う事はありません。

プラン購入時に本人確認書類をカメラで撮影してアップロードします。

端末・プランともに注文が完了したらそれぞれの注文完了メールが届きました。
端末とプランは別会計になってるんですよ。

 

楽天UN-LIMIT注文確認メール

 

楽天モバイル「UN-LIMIT」到着!

楽天「UN-LIMIT」到着

 

申し込んだのは夜だったのですが、翌々日には商品とSIMカードが到着
早いですね!

 

SIMカードのセット

SIMカード セット

端末が届いたら電源を入れる前にSIMカードをセットします。

ここはデリケートな作業なので、カードやプレートを傷つけないよう細心の注意を払いましょう。

AQUOS sense3 liteのSIMカードセットの仕方は以下の通り。

 

①AQUOS sense3 liteはnano-SIMなので、カードを一番小さいサイズに切り取ります。
②本体左側面のIMEIプレートを引き出します。
③プレートの手前の受け皿はmicroSDカード、奥がnanoSIMカード用です。
④写真のように、プレートのツメの形に合わせてSIMカードを乗せると「R」のマークが上にきます。
⑤カードがしっかりはまった事を確認してプレートをそっと奥に戻します。

 

アクセスポイントの設定は自動で行われるので楽ですよ。

 

実際AQUOS sense3 liteでテザリングしたレビューはこちらをどうぞ↓

AQUOS sense3 lite+楽天UN-LIMITでテザリング!レビューします
AQUOS sense3 lite(SH-RM12)と楽天UN-LIMITをセットで購入しました。テザリングや機能、使い心地をお伝えします。楽天UN-LIMITでテザリングすればデータ無制限でネットもスマホも使い放題です。

 

電源を入れて初期設定をする

SIMカードをセットしたら電源を入れて初期設定していきます。

各端末ごとの設定方法

 

「Rakuten Link」のインストールと設定

端末の初期設定が終わったら忘れずに「Rakuten Link」アプリをインストールしましょう。

「Rakuten Link」経由でないと通話料無料にはなりません

「Rakuten Link」はGoogle Play Storeで検索してインストールしてもいいし、スタートガイドに載っているQRコードをカメラで読み取ってもOKです。

 

①インストール後、Rakuten Linkアイコンをタップしてアプリを起動させます。「はじめる」ボタンをタップして次に進んでください。

Rakuten Linkを起動する

 

②位置情報提供についての同意が表示されます。同意する場合は「承認」ボタンをタップ。「拒否」ボタンをタップしても進めます。

Rakuten Link 位置情報

 

③品質改善と最適な広告配信への同意が表示されます。同意する場合は「承認」をタップ。「拒否」ボタンをタップしても先に進めます。

Rakuten Link 

 

④楽天アカウントへログイン。複数アカウントを持っている場合は必ず今回申し込みをしたアカウントでログインしてください。

楽天アカウントへログインする

 

⑤アクセスの許可をします。「許可しない」を選ぶと正常に動作しない場合があるので、とりあえず「許可」を選択。後で⚙マークから設定変更できます。

楽天アカウントへログインする

 

⑥あともう少しです!
携帯電話番号の入力画面が表示されます。楽天アカウントへのログインが成功していれば番号が自動入力されています。「送信」ボタンをタップしてください。

携帯認証

 

⑦SMSに記載されている認証コードが自動的に入力され、自動的に認証処理が開始されます。認証が完了するとRakuten Linkの画面が表示されます。

認証コード

これで完了です。お疲れさまでした!

 

「my楽天モバイル」も時間のある時にインストールしておきましょう。
これは契約情報や利用回線、データ残量が見られるだけでなく、通信速度測定もできて便利ですよ。

 

まとめ

以上、楽天モバイル「UN-LIMIT」の申込みから初期設定まで説明しました。

実際やってみればそんなに難しくなく、すぐ手続きできると思います。

さっそく楽天UN-LIMITを利用していますが、スマホもテザリングもサクサクつながって快適ですよ。

データ通信量を気にしなくていいってこんなに自由な事なんだ〜、としみじみ実感しています。

 

先着300万名までプラン料金1年間無料ですが増減の可能性があるらしいので、まだ迷っている方は早めに検討してみて下さいね!

では今回はこのへんで。

↓楽天モバイルはこちら↓
楽天モバイルUN-LIMITの詳細はこちら

 

 

タイトルとURLをコピーしました