スポンサーリンク

NISAは2023年以降どうなる?2020年税制改革大網より 今から始めるNISA

少額投資

 

NISAって2023年で終わるんだよね?今から始めても遅いかなあ。

遅くないよ!2024年から新NISAが始まるし、むしろ今から始めた方が新NISAを自由に使えるようになるよ♪

え、そうなの?

 

当初2023年までだったNISA制度が2024年に新NISAとなって継続される事になりました。

説明しますね。

 

スポンサーリンク

2020年税制改革大網より

NISA 2023年以降どうなる?

金融庁の令和2年度税制改正大綱によって、当初2023年までの予定だったNISA制度が、新NIISAとして継続される事が発表されました。

なんとなくNISAを開設し損ねていた、という方も今から始めても充分長く利用できるようになります。

むしろ今から始めておいた方が新NISAになった時の選択肢が増えるんです。

説明していきますね。

 

NIISAは今から始めても遅くない

今から始めるNISA

今までのNISAは、

・一般NISA
・つみたてNISA
・ジュニアNISA

の3種類がありました。

今回の税制改正では

・ジュニアNISAは2023年で終了
・つみたてNISAは買付可能期間が2037年→2042年に延長

と発表されました。

もっとも変わるのは一般NISAです。まずは現行のNISAを再確認してみましょう。

 

【現行のNISA】
口座開設可能期間2023年まで
年間投資可能金額120万円(株・公募株式投信など)
非課税期間買い付けた年から5年(2018買付分まではロールオーバー可能)
つみたてNISAとの併用不可(どちらか選択)

次に新NISAを見てみましょう。

 

2023年以降の新NISAはどうなる?

新NISA 2階建

新NISAはなんと2階建てなんです!

年間122万円の投資可能金額を、「条件の違う2種類の投資枠で運用する」という仕組みです。

 

新NISA
口座開設可能期間2028年まで
年間投資可能金額2階102万円(株・公募株式投資信託など※)
1階20万円(つみたてNISAと同様)
非課税期間2階買い付けた年から5年
1階買い付けた年から5年(終了後はつみたてNISAへの移行可能)
つみたてNISAとの併用不可(どちらか選択)

※レバレッジを効かせている投資信託、及び上場株式のうち整理銘柄・監理銘柄を投資対象から除外。

 

なんだか不思議な制度になりそうですね。

合計で年間122万円の投資が可能ですが、2階部分を使うには条件があるんです。

・2階の非課税枠で株式投資をするには1階で積立投資をする必要がある。
・ただし2024年以前にNISA口座を開設していた、
又は投資経験のある人は2階部分だけ(上場株式のみ)の利用も可能。

 

これはより多くの人に積立・分散投資を経験してもらうためだそうですが、株式投資だけ始めたい人にとっては制約になりますね。

 

NISAは今から開設しておいた方がいい

NISA 今から始める

要するに、「新NISAで株式投資だけしたい」と思ったら、今から少し投資しておくか、またはNISA口座を開設しておいた方がいいという事ですね。

NISA口座は開設費や維持費は全くかからないので、使う使わないに限らず、開設しておいて損はありません。

開設さえしておけば新NISAになった時点で投資未経験でも2階のみの利用が可能になりますね。

 

1階はつみたてNISAに移行可能

新NISAはつみたてNISAに移行可能

ちなみに「1階部分は5年経過後、つみたてNISAへ移行可能」となっています。

ですが、ここはちょっと微妙ではないかと個人的には感じています。

新NISAとつみたてNISAは併用不可なので、移行する年はNISAの種類を「新NISA」→「つみたてNISA」に変更しなくてはならない事になりますよね。

手間がかかりますし、そもそも積立投資の期間が5年って、微妙な気がしますね。

積立は「世界経済は長期的には発展する」という前提で行いますが、5年だと、そこまでの変化期待できないですもんね・・・。

一般NISAとつみたてNISA両方開設できるようにすれば良いのでは??と思うのは素人考えなのでしょうか・・・。

今回の発表はあくまで大網なので、新NISA実施までに内容が変わっていく可能性はあります。随時チェックしていきましょう。

 

まとめ

NISA未経験者

金融庁の令和2年度税制改正大綱を元に、2023年以降の新NIISAについて説明しました。

NISAは今から始めても遅くありません。むしろ早く始めた方が簡単で済むと思います。

なんとなく先送りにしていた方は、思い切って開設してみてはいかがでしょうか?

では今回はこのへんで。

 

タイトルとURLをコピーしました