スポンサーリンク

1株100円台から買える!株初心者に単元未満株をおすすめする理由

少額投資

これから投資を始めたいけど何をしたらいいかわからない。
株を買いたいけど大金はないし、失敗したら怖いな・・・。

 

だったら単元未満株(ミニ株)から始めたらいいよ。
1株数百円ちょっとで買えて配当ももらえるし、

投資の勉強にぴったりだよ!

 

え、100円台から買えるの?!

 

初めての投資、不安ですよね。
そんな方は単元未満株から始めてみると良いですよ。

説明していきますね。

 

 

スポンサーリンク

初心者には単元未満株がおすすめ

単元未満株

 

・資産運用した方がいいと聞くけど何をしたらいいかわからない。
・株をやってみたいけど、どの銘柄を選んだらいいかわからない。
・何十万も払えないし値下がりしたら嫌だしなかなか始められない。

そんな方も多いのではないかと思います。

でも株って実は1株数百円から買えるんです。
100円位なら怖くないですよね?

単元未満株なら気軽に始められると思いますよ。

 

単元株とは

単元株

単元未満株の前に単元株について説明しますね。

通常、株を買う場合は単元ごとになります。

単元とは売り買いできる単位の事。
一般的には「1単元=100株」となっていて、単元ごとでしか買えません。

1単元だと100株、2単元だと200株、といった感じですね。

ニュースやインターネットで見かける株価というのは1株あたりの金額なので、
実際に買える金額は「株価×100」必要という事になります。

例えば株価が
500円なら5万円
1000円なら10万円
10000円なら100万円!

初心者にはちょっと勇気のいる金額ですよね。

しかも1000円の株価が800円に下がったら200円×100=2万円の損失です。

もちろん1000円の株価が1200円に上がれば2万円の利益なので嬉しいですけど、
人間の心理としては、利益の喜びより損失のダメージの方が大きく響くといいますから。

ここまでが単元株の説明です。

 

単元未満株とは

単元未満株とは

そんな資金のかかる株式投資ですが、一部の証券会社では、1単元(100株)ではなく1株から売り買いができるのです。

1単元に満たないから「単元未満株」というんですね。

1株から買えるので株価×欲しい株数+手数料だけで買えるんです。

手数料も安いところなら20円未満です。

これなら始めやすいのではないでしょうか?

 

単元未満株のメリット・デメリット

単元未満株 メリット

単元未満株のメリット

少額で買える

単元未満株を買うメリットはなんと言っても少額で足りる事。

もし株価が高い場合は株数を減らせば欲しい株を買う事ができます。

 

投資の勉強になる

・どの銘柄を選んだらいいかわからない
・好きな会社があるけど買っていいのか迷う

そんな時は試しに1株買って値動きを見ていくとマーケット感覚が身についていきます。

株価チャートを見るにも、実際買っているのと買っていないのでは、真剣さが違います。

自分が買った株がなぜ上がったのか下がったのか、考えながら勉強していきましょう。

そして、これなら増やしてもいいかな、と思える銘柄に出会ったら買い増ししてみるのもいいですよ。

 

配当金がもらえる

単元未満株でもちゃんと配当金がもらえます。

決算で発表されている配当金額は一株当たりの金額なので、持っている株数に応じて受け取れます。

少額で始められて勉強になって、さらに配当金までもらえるなんて、初心者にとって非常に魅力的ですよね。

 

単元未満株のデメリット

売買の金額が選べない

通常の株取引では株価を指定して売買する事ができます。

この金額指定して売買する事を「指値」といいます。

例えば
「500円になったら買う」
「600円になったら売る」
と条件をつけて注文するのです。

指定した金額に達したら約定するし達しなければ注文は失効します。

けれど単元未満株の場合は売買のタイミングに特徴があるため、指値ができません。

そのため、思わぬ金額で約定してしまった、という事も発生する事になります。

単元未満株の売買や約定のタイミングについてはのちほど説明しますね。

 

株主優待がもらえない場合がある

株主優待については聞いた事があると思います。

銘柄によって、その会社の商品をくれたりサービスが受けられたりする株主へのプレゼントですね。

有名なところでは東京ディズニーランドの1デーパスポートがもらえるオリエンタルランド(銘柄コード4661)。この優待欲しさに株を持ち続けている人がたくさんいます。

でも残念ながら株主優待は100株以上保有していないともらえない場合が多いのです。

それでも一部の銘柄は100株以下でも優待があるので、どうしても優待がほしいならそういった銘柄に絞って検討してみるといいでしょう。

 

株主総会に参加できない

ニュースなどで株主総会の様子を見た事があるかと思います。

通常1単元以上保有している株主はその企業に意見する権利があります。
企業は社員のものではなく、出資している株主のものだからです。

けれど単元未満株しか持っていない場合は議決権がない=株主総会で意見する権利がない、という事になります。

もし心から応援したい、良くなってほしいと思える企業があるなら、
株価を気にせず単元株を買って「モノ言う株主」になるのもよいかもしれませんね。

 

証券会社を選ぶポイント

単元未満株 選び方

単元未満株の取引にはどのような証券会社を選べばよいでしょうか。
ポイントをまとめました。

・手数料が安い
・取り扱い銘柄が多い
・HPがわかりやすく取引ツールが使いやすい

 

手数料が安いのはもちろんですが、初心者にとってはHPの分かりやすさや取引ツールの扱いやすさは外せません。

ただでさえわからない事だらけなのにツールまでわかりづらいと挫折してしまいます。

 

単元未満株の売買ができる証券会社4社

単元未満株を売買両方できる証券会社は限られています。

選択肢は少ないながらも、その中でおすすめできる証券会社を4社ピックアップしました。

 

証券会社手数料注文時間/約定タイミング
マネックス証券1回ごとに約定代金の0.55% (最低手数料55円)0:00〜11:30 / 当日の後場始値
17:00〜翌11:30 / 翌日の後場始値
SBI証券1回ごとに約定代金の0.55% (最低手数料55円)0:00~10:30 / 当日の後場始値
10:30~21:30 / 翌営業日の前場始値
21:30~24:00 / 翌営業日の後場始値
SBIネオモバイル証券月0〜50万円の取引まで実質20円 (月額220円サービス利用料がかかるがTポイントが200円還元される)0:00~10:30 / 当日の後場始値
10:30~21:30 / 翌営業日の前場始値
21:30~24:00 / 翌営業日の後場始値
LINE証券日中:0.05%
夜間:0.5%
取引額から上記スプレットが 差し引かれる
日中取引:9:00~11:20 / 即時
11:30~12:20 / 即時
12:30~14:50 / 即時 
夜間取引:17:00~21:00 / 即時

 

注文と約定のタイミングが各社バラバラだという事がわかりますね。

手数料は上の表だと大差ないように見えますが、取引回数が多いと違ってきます。

 

例えば月額10000円投資する場合

証券会社10000円×1回取引 / 月1000円×10回 / 月
マネックス証券55円550円
SBI証券55円550円
SBIネオモバイル証券月0〜50万円の取引まで実質20円 (月額220円サービス利用料がかかるがTポイントが200円還元される)月0〜50万円の取引まで実質20円 (月額220円サービス利用料がかかるがTポイントが200円還元される)
LINE証券日中取引:5円
夜間取引:50円
日中取引:5円
夜間取引:50円

 

マネックス証券もSBI証券も単元株や他の商品については充分安く使いやすい会社ですが、単元未満株に限って言えばかなり割高になってしまいます。
取り扱いがあるだけでも良いですけどね。

 

おすすめの証券会社

上記の結果から、単元未満株から始めるなら

・SBIネオモバイル証券
・LINE証券

の二択になるでしょう。

 

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券は定額制の料金設定です。

・月額サービス利用料220円で0〜50万円まで取引し放題
・利用料にTポイントが200pt付与されるので手数料実質20円
・一時停止の手続きをすればサービス利用料を止める事もできる
IPOも1株から申込できる

 

特にひとかぶIPOは他にないサービスです。
IPOは楽しいし勉強になるので、この点からもSBIネオモバイル証券はおすすめできます。

詳細はこちらをどうぞ↓
Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

 

LINE証券

LINE証券は野村ホールディングス(野村證券)とLINE Financial株式会社が共同設立した新しい証券会社です。

それだけに「LINE」の使いやすさと、金融の専門性を掛け合わせたサービスが特徴です。

LINEポイントを使って投資ができる
・サイトやツールが簡単で使いやすい
投資信託の取り扱いがある

 

取引金額が大きくなるとSBIネオモバイル証券より割高になりますが、LINEを使い慣れている人には馴染みやすい作りなので、こちらの方が良いと感じる人も少なくないはず。

また、厳選された投資信託28銘柄が100円から買付できるので、投信も一緒に試してみたい方にはおすすめです。

詳細はこちらをどうぞ↓
LINE証券

 

まとめ

ここまで単元未満株についてご紹介しました。

単元未満株は投資初心者におすすめできます。わずかな金額でも大きな勉強になると思いますよ。

投資は10年20年と長い目で考えていくもの。短期で利益を狙うと思わぬ損失を招きます。

遠回りのようでも、少しづつ、自分を育てていくような気持で投資に向き合っていきましょう。

あなたの10年後が明るい未来でありますように。

では今回はこのへんで。

タイトルとURLをコピーしました