スポンサーリンク

投資は怖い・・・やってみたいけど踏み出せない理由3つと解決策

少額投資

預金してても増えないし、将来に向けて投資した方がいいよね・・・でも怖くて踏み出せない。なにかいい方法はないかな?怖くない投資はあるの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

スポンサーリンク

投資は怖い・・・やってみたいけど踏み出せない理由3つと解決策

 

・銀行にお金を預けていても全然増えない
・少子高齢化で本当に年金がもらえるのか不安
・長生きするとお金で苦労しそう

 

だから投資を始めたいけれど、怖くて一歩踏み出せない。

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

怖い思いをしなくても、自分に合った投資法はきっと見つかります。

説明していきますね。

 

【この記事の内容】

・投資は怖いと感じる理由3つ
・投資が怖くなくなる解決策3つ

 

投資は怖い、と感じる理由3つ

投資は怖い、と感じる理由

まずは、なぜ「投資は怖い」と感じるのか、考えてみましょう。

理由がわかれば、案外恐れるに足らない事は多いですし、解決策も見えてきます。

 

1.値下がりして損するのが怖い
2.商品が理解できないから怖い
3.証券会社とのやり取りや税金など、難しそうな手続きが怖い

こんな感じではないしょうか。

 

ひとつづつ、解決策を考えていきます。

 

投資で値下がりして損するのが怖い、その解決策

投資で値下がりして損するのが怖い

株で大損した
投資信託が半額になってしまった

 

そんな話を聞くと「怖い~」と思いますよね。

それでも投資する人が絶えないのは、やはり利益を出している人の方が多いからと言えます。

 

解決策はこちら。

1.長期的に考える
2.少額から始める
3.値上がり益以外で利益を得る

 

長期的に考える

世界経済は長期的には成長していくと言われています。

けれど短期間で見ると、その時々のニュースによって値下がりする事はしょっちゅうあります。

最近で言えばコロナショック。

下の画像はここ1年の日経平均株価の動きです。

日経平均株価

3月あたりにガクンと下がっている事がわかりますね。

けれど、そういう一時的な値下がりは、問題が解決してくれば元に戻ってきます。

人が生きていく限りは経済は動き続けるからですね。

 

こういう一時的なショック時に、慌てて株や投信を手離すと、一番損する時に売ってしまった、という結果になりがちです。

値下がりの理由が一時的な事であれば、パニックにならず静観する事が大事です。

 

少額から始める

逆に、高い時に買ってしまって、その後ずっとマイナスのまま、という事もありえます。

商品を買うタイミングは本当に難しいんですね。

 

タイミングを気にせずに投資していく方法はこちら。

・少額投資
・つみたて投資

 

今はスマホ証券で株が1株から買えるようになったので、500円でお試し買いができますし、1000円づつ10社の株を買えば、1社が値下がりしても他の9社でカバーできます。

少額投資のメリットは「株初心者に単元未満株をおすすめする理由」の記事をどうぞ。

 

◆参考サイト:LINE証券

 

また、投資信託の積立買付をすれば、高い時と安い時とで買った金額が平均化されるので、高い時だけ買ってしまうリスクを抑える事ができます(これをドルコスト平均法と呼びます)。

 

安い時だけ買いたい、というのはやまやまですが、下手に狙うとかえって損する事もある。

よほど自信がない限りは少額投資、積立投資で地道にやっていく方が「怖くない」ですよ。

 

値上がり益以外で利益を考える

下がった時に買って、上がった時に売る。

値上がりを期待して買うと、どうしても値下がりが怖くなります。

 

そういう場合は、値上がり以外のところに価値を見出すとよいですよ。

例えばこんな感じ。

・配当金
・株主優待
・税金の還付

 

株を買えば配当金がもらえますし、銘柄によってはかなりお得な株主優待がもらえる事もあります。

また、個人型確定拠出年金のiDeCoなら、投資した金額が全額所得控除の対象なので、所得税を年間数万円節約する事も可能です。

 

◆参考サイト:松井証券ではじめるiDeCo

 

こういったメリットがあれば、値下がりした時も、投資を続けるモチベーションになるのではないでしょうか。

iDeCoについては「個人型確定拠出年金iDeCoとは?」の記事ををどうぞ。

 

商品が理解できないから怖い、その解決策

投資商品

「わからないものは怖い」

というのは、人間の根源的な感情かもしれません。

逆に、わかれば案外怖くない事に気づくのではないでしょうか?

 

解決策はこちら。

1.投信はインデックスファンドを選ぶ
2.共感できる個人投資家のブログを参考にする
3.ロボアドバイザーに任せる

 

投信はインデックスファンドを選ぶ

初心者にとって、投資信託は複雑に感じるかもしれません。

投信とは、ざっくりいうとパッケージ商品の事。

 

ひとつの投資信託の中に複数の

・株
・債券
・不動産

が入っていたり、それらがミックスされたバランス型などもあります。

さらに、

・インデックスファンド
アクティブファンド

の分類があって、最初は「なんのことやら・・・」と感じると思います。

 

そんな場合はインデックスファンドから選んでおけば概ね大丈夫です。

インデックスファンドとは、日経平均やNYダウなどの指数と連動した動きをする投資信託の事。

日経平均やNYダウはニュースで状況を把握できるし、値下がりした理由もわかります。

しかもインデックスファンドは手数料がとても安い

初心者に優しい商品と言えます。

 

共感できる個人投資家のブログを参考にする

株式を選ぶ場合、証券会社のHPに会社の情報が載っているので、まずは目を通してみましょう。

・何をやっている会社か
・ここ数年の株価のチャート
・配当金の様子
・業績(←これはちょっと難しい)

多分よくわからないと思います。

そういう時は先輩方の知恵を借りればよいのです。

 

今はブログをやっている個人投資家がたくさんいます。

投資の判断基準や銘柄の分析など、学ぶ事はとても多いですよ。

色々なブログを読んでみて、共感できる人を探してみましょう。

 

注意点としては、

・一人ではなく複数人チェックする
・派手な人より地道な人を参考にする
・あくまで最終判断は自己責任で行う

 

誠意ある投資ブロガーは、分かりやすく教えてくれる親切な先輩のような存在。

参考にしない手はないですよ。

なお、中には派手な実績で引き寄せて初心者から搾取するタイプもいるのでご注意を。

 

ロボアドバイザーに任せる

それでも不安な場合は、ロボアドバイザーを利用する手もあります。

ロボアドバイザーとは、おまかせ型の資産運用サービスの事。

WEBの簡単な質問に答えるだけで、最適な商品選びからメンテナンスまで全て自動でやってくれます。

 

スマホ証券のネオモバがやっているロボアドバイザーサービス「WealthNavi(ウェルスナビ) for ネオモバ」なら1万円から始められます。

 

投資を勉強する時間がない
大きな資金がない
色々考えるのが面倒

といった方は選択肢に入れてみてもよいのでは。

 

手数料はやや割高(それでも1%程度)ですが、投資はおまかせして、その分の時間を自己投資に使う、という考えもありだと思います。

 

◆参考サイト:Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

 

難しそうな手続きが怖い、その解決策

証券会社とのやり取りや税金の事など、事務手続きに苦手意識のある方も多いと思います。

解決策はこちら。

・スマホ証券なら手続きがかんたん
・口座開設サポート付きのネット証券を選ぶ
・税金関係は「特定口座・源泉徴収あり・株式数比例配分方式」を選択

 

スマホ証券なら手続きがかんたん

証券会社は敷居が高くて難しいイメージを持っている方もいるかもしれません。

ですが、今どきのスマホ証券はシンプルな作りになっていて、口座開設もかんたん。

本人確認書類(免許など)もスマホのカメラで撮影してアップロードすればいいですし、サクサクと5分程度で手続き完了できます。

 

◆参考サイト:Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

◆参考サイト:LINE証券

 

口座開設サポート付きのネット証券を選ぶ

それでも不安であれば、口座開設サポート付きのネット証券を選ぶ手もあります。

ネクシィーズトレードはSBI証券の口座開設サポートを行っている会社です。

ネクシィーズ経由で口座開設すれば、SBI証券とネクシィーズ両方のサポートが受けられますし、ネクシィーズへの問い合わせは携帯からの通話料も無料です。

 

開設後も利用可能なので、電話でサポートを受けたいという方はネクシィーズ経由でSBI証券を申し込んだ方が安心と言えます。

 

◆参考サイト:SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

 

税金関係は「特定口座・源泉徴収あり・株式数比例配分方式」を選択

投資で利益が出た場合、税金を納めなくてはいけません(非課税口座除く)。

でも、確定申告なんて難しそう・・・と思いますよね。

 

そういう場合は証券口座開設時に、「特定口座・源泉徴収あり・株式数比例配分方式」という契約を選んでおけば大丈夫です(契約後に変更も可能)。

そうすれば、証券会社が代行して運用分の税金を納めたり戻してくれたりします。

 

「なんのこっちゃ」な感じだと思いますが、株の配当金が証券口座に振り込まれるようになる以外は、その他使い勝手に変わる部分はありません。

この契約にしておけば、特別な理由が無い限りは確定申告しなくて済むので、楽になりますよ。

 

投資は怖い、その理由と解決策のまとめ

今回は、投資が怖いと感じる理由と解決策3つをお伝えしました。

預金していても全然増えていかない時代、自分らしい投資が必要となっています。

 

怖い思いをしなくても、自分に合った投資法はきっと見つかるはず。

この記事で、

「投資って思ったより怖くなさそう」

と感じてもらえたならとても嬉しく思います。

では今回はこのへんで。

 

ランキングに参加しています。
よろしければぽちっとお願いいたします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※本記事は個人の見解です。
投資は自己判断でよく考えて行いましょう。>>免責事項

タイトルとURLをコピーしました